fc2ブログ

ラ・クルサーダ プログラム紹介

ラ・クルサーダ福岡公演初日も大盛況で
アンコールではスタンディングオベーション・・・
感慨深いです・・・
御来場くださった皆様おひとりずつに 御礼を申し上げたいくらいです。

ツアー開始当初より、「曲の内容が知りたい」とのお声をたくさん頂きましたので
ごくごく簡単ですが、プログラム紹介を致します。

本当に簡単ではありますが、何卒ご了承ください。

■■第1部■■

1 Introducción:(全員出演)
  「人は月や大地や水…偉大なる自然に育てられてきた・・・
  太古の昔からずっと…」
       自然に対する深い想いを語りながら
       フォルクローレとフラメンコの融合が幕を開ける

2 Morada copla de ausencia (ミュージシャン全員)
  「君がいないカーニバルは淋しくて仕方がないよ…」
       亡き友への想いを込めて…

3 Zamba:サンバ/Malambo Solo 
       (舞踏:アドリアン・ベルヘス)
  「僕は君から遠く離れてしまう…
   ハンカチを振る君の瞳をいつまでも忘れることが出来ない。
   君のこと以外は全て忘れてしまうのに・・・」

4 Fandangos:ファンダンゴス/Flamenco Duo 
       (舞踏:クララ・ジャンノーニ、ラウラ・ドナジーニ)
   「君の瞳も唇も僕を明るく照らす…
    君がいなければ僕の人生は光を失ってしまう…」

5 Chacarera:チャカレラ/Malambo Solo 
       (舞踏:マティアス・ガジャルド)
   「僕は生きたいんだ。死にたくないんだ…
   もしも僕が死んでも、
   どうか僕を焼く為に生きた木を切らないで…」
   ※政治に対するメッセージを込め、生命の尊さを訴えている

6 Zamba del Carnaval:(全員出演)
   「辛いことばかりの毎日…
   1年に1度の待ちに待ったカーニバル日くらいは
   全ての悲しみを忘れたい…」


■■第2部■■

1 Jaleos:ハレオス/Flamenco Solo 
       (舞踏:ラウラ・ドナジーニ)
   「君に話しかけることは禁じられているけれど、
   踊る君を見つめることは誰にもとめられない…」

2 Malambo:マランボ/Malambo Duo 
       (舞踏:アドリアン・ベルヘス、マティアス・ガジャルド)
       マランボとは、ガウチョ(馬術に長けた勇猛果敢な牛追い)
       が太鼓のリズムにあわせて足さばきを競う舞踏。
自分の強さを表現する舞踏であるマランボは、
       かつては、どちらかが死ぬまで続けられたこともあるという。

      ※今日、アドリアンとマティアスは、乗馬用の皮前掛けを
        半分ずつ身につけ踊っているが、
        本来は一人で両足につけるものである。
        スタイリッシュなクルサーダの洒落た一面がうかがえる。

3’ ※video de Clara…故郷を離れながら望郷の想いを募らせる…

3 Bambera:バンベーラ/Flamenco Solo 
       (舞踏:クララ・ジャンノーニ)
      男は女を必死で口説き、女は駆け引きを楽しんでいる…
      果たして、恋の行方は…

4 Cueca:クエカ (ミュージシャン全員)
      南米各国には、クエカという民謡があるが、
       ラ・クルサーダが奏でるのはアルゼンチンのクエカ。

5 Final:フィナーレ (全員出演)
       フォルクローレとフラメンコのリズムが交差し、
       フィナーレを迎える。
“サルタには全ての悲しみを忘れさせてくれるワインがあるんだ”
       という最後の一節でエンディングを迎える
(サルタ=アルゼンチン北部の地名)

スポンサーサイト



トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © YOLANDA RECOMMEND BLOG All Rights Reserved.