fc2ブログ

藤原道山 10th Anniversary コンサート

1月9日(日)、福岡市中央区・西鉄ホールでの
藤原道山 10th Anniversary コンサート・・・

尺八独奏の昼公演、
マリンバとの共演の夕公演とも大盛況で
「とっても素晴らしかった」
「尺八がこんなに素敵だと知らなかった」
「道山さんのおっかけになりたい」
「間違いなく将来人間国宝になる!既に演奏は国宝級!」等
感動の言葉を、たくさん頂きました。

コンサートが、いかに素晴らしかったかは
私の陳腐な言葉では伝えきれないのですが
昼公演の際には、
「しまった!!! 夕公演のチケットを買った方には申し訳ないけど
こんな素晴らしい演奏は、そう簡単には聴けないだろう
(夕公演より昼公演の方が良さそうだ!)」と思い
夕公演の際には
「いやいや、昼公演の時に思った気持は全て撤回!
このデュエットも凄い!
昼・夕 甲乙つけがたく、両方のチケットを買った方が正解!」
と思った次第です。

相変わらず、ロビー、楽屋を行ったり来たりしながら
客席で聴けたのは、昼・夕それぞれ3曲ずつ位でしたが
その間、仕事を忘れて陶酔しました。

それにしても、道山さんの1月9日は過酷な1日でした。
昼公演と夕公演で立ち位置が変わりますし
独奏とデュオでは、音のバランスも変わるので
照明・音響も昼用、夕用のリハーサルが必要ということで
まず、マリンバとのリハーサル
その後、尺八独奏のリハーサル・・・
リハーサルが終わったら、
ちゃんと昼食をとる暇もなく、
差し入れに頂いたお寿司やお菓子をつまみながら
本番の準備をして、いざ昼公演!
ソロ公演なので、演奏とMCの両方で、
気を抜く隙間もなく90分の第1ラウンドを終了。
そのまま、ロビーへ移動し、CDご購入者(長蛇の列)にサイン会、
サイン会終了後は、また別途のご挨拶
舞台監督さんからの「あと10分で開場しま~す」の声で
慌ただしく、夕公演の準備(着替えや、マリンバ奏者SINSKEさんとの最終打合せ)
あっという間に夕公演が始まり
曲もMCも昼公演とは異なる120分の夕公演でも
客席には全く疲れを感じさせることのない素晴らしい演奏で
MCでは穏やかな笑顔を絶やさず 第2ラウンド終了。
終演後は、昼公演と同様に
CDご購入のたくさんの方々へサイン会~いろんな方への御挨拶
そして、バタバタと着替えて片付けて
そのまま、空港へ向かい、東京へ帰って行かれました。

私の知る限り、あの日、道山さんが座ったのは
サイン会の時と、マリンバ奏者SINSKEのソロ(1曲)の間だけだったようです。

1日に同じ内容で2回公演したご経験はあったそうですが
1日に内容の異なる2つのコンサートをされたのは初めてだそうで
もう2度と嫌だろうな”とお察ししたつもりでしたが
「大変だったけど、楽しかったし、嫌だなんて全然思っていません」
とマネージャーに語られたそうです。
主催者に対しての御言葉でしたら、リップサービスということもあるかもしれませんが
どうやら本心のようです。

ハードスケジュールを楽しまれていること以上に
その中での演奏がとても素晴らしく
いつでも笑顔を絶やさず、
お客様がリラックスしながら感動できるコンサートをされているのが凄いです!

ピアニストの小曽根真さんもそうですが
やはり世界で活躍してる方は
モチベーションが想像を超えていますね。

足もとにも及びませんが
いつかクルブシくらいまでは追いつきたいです。


スポンサーサイト



トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © YOLANDA RECOMMEND BLOG All Rights Reserved.